読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリス殺しという本を読みました

~この記事はネタバレを含みます~

 

 久しぶりに一冊の本を読み切りました。『アリス殺し』という本です。著者は小林泰三という方。

 あらすじは

「大学院生・栗栖川亜理は、最近不思議の国に迷い込んだアリスの夢ばかり見ている。ハンプティ・ダンプティの墜落死に遭遇する夢を見た後大学に行ってみると、キャンパスの屋上から玉子という綽名の博士研究員が墜落死を遂げていた。次に亜理が見た夢の中で、今度はグリフォンが生牡蠣を喉に詰まらせて窒息死すると、現実でも牡蠣を食べた教授が休止する。夢の世界の死と現実の死は繋がっているらしい。不思議の国では、三月兎と頭のおかしい帽子屋が犯人捜しに乗り出していたが、思わぬ展開からアリスは最重要容疑者にされてしまう。もしアリスが死刑になったら、現実世界ではどうなってしまう?彼女と同じ夢を見ているとわかった同学年の井森とともに、亜理は事件を調べ始めるが……」

 と書いてありました。書店で見つけたときにこれを読んで普通に面白そうと思って買いました。あとは表紙が可愛かったからです。

 端的に感想を言うと、とても読みやすかった。スラスラと読むことができました。夢の中での会話はああ言えばこう言うって感じで、読み手によってはイライラするような、まさに不思議の国を表した会話で、頭のおかしい人や獣が多く出てきて、メンヘラが好きそうな感じでした。

 書き方としては叙述トリックを使っています。でもこれは読み進めていくうちに中盤くらいですぐに気づくと思います。

 小林泰三さんという方を調べてみるとこれ以外にはホラーやSF系のものも書いているみたいで、そういった本を書いていることがあるからか分かりませんが、ミステリー小説ではあまりないファンタジー的な要素や、死ぬ間際のリアルすぎるグロテスクなシーンが多々出てきます。割とえずく程に気持ち悪い書き方をしています。しかもそれが想像できてしまうように。しばらく牡蠣は食べられません。

 ただまぁ、夢とリアルを行き来して亜理と井森は捜査するわけですから、ただのミステリー小説と見ると不思議な感じはしますよね。私はこういうの面白くて引き込まれるので好きなんですけど、リアルさを求める人はあんまり好きじゃないのかもしれません。

 ちなみに原作の不思議の国のアリスを知らなくてもちゃんと内容は理解できます。スナークはブージャムだったとか、最初はよく分かりませんでしたけど。

書くことがないよ〜

これといった出来事が特にないので書くことがないです!

本を読み終わったら感想書きたいなと思ってるけどなかなか重い腰が上がりません。

でも何故か結構元気です。寝れません。

今日の出来事

今日あった出来事は、おにゃのこになりたい男の人から依存したいし甘えたいしお姉ちゃんになってほしいと言われたことです。

ちなみに知り合って1~2時間ほどで言われました。

とてもびっくりしました。

 

おしまい

頑張れない

 昨日は朝から籠池氏の証人喚問の生中継を見ていました。午後は葉梨氏の尋問まで見ており、途中で爆睡してしまい、勉強と読書どちらもまともにやりませんでしたが、酒は飲みました。

 

 3時くらいまで爆睡してカレー食ったり動画見てたらこの時間なのですが、この時間は将来の不安や、過去のトラウマ、やりたいことが出来ない苛立ちなど、色んな感情があり心が忙しいです。

 将来の不安とやりたいことが出来ない苛立ちというのは直結した悩みになりますが、やりたいことのために努力する、そもそもその努力がやりたいことだがその努力をすることが難しく、大体はベッドのうえで悶々としている日々が続いています。

 相談できる相手もいませんし、日常会話を交わすような友人すらいない状況ですので、ただひたすら自分で考えています。その考えが正しいか間違っているかもわかりませんし、その考えを誰かに話すのも怖いですね。他人が信用できないし、根拠なく否定されるのも嫌いですから。

 

 こういう人間なので、私が人を好きになることも難しいと思いますし、こんな人間を好きになってくれる人が出てくるとは思えません。

 それもこれも過去のトラウマによるものが大きくて、憎しみがどんどん大きくなっているのは実感しています。こうなることを望んでいたのではないかとか、全て私を陥れるためにしてきたのではないかなどを思う始末です。そういうときは自分で自分の感情がコントロールできませんし、感情が表情や声、態度に出ているのは自分でも分かっているのですけどね。

 でもそれに気付くのはその後で、こういうときは何に対してイライラしているかも理解できていない状態です。

 今は平常ですが、さっきまでイライラしており、動画も見ては消してまた点けて消してを繰り返していました。たった5~6分の動画ですらまともに見れず悲しくなります。

 

 他人と関わることも滅法少なくなり、それはそれで悩みも少なくなるのですが、心のどこかでは寂しい気持ちがあるのでしょうか、ブログやツイッターで自分の気持ちを吐き出しています。寂しいという自覚は特にありませんが、傍から見れば寂しい人間であることは一目瞭然ですし、孤独であることは理解できます。自分から他人へ接触しようとすることも少ないですし、自分の殻に閉じこもったままではこれからの道が開かれることなどないというのは分かりますが、それでもやっぱり怖いんです。

 

 頭ではわかっているけどなぁ……どうにもならないんだよなぁ……って感じです。今日もまたずっと1人で悶々としているとなると、生きているのが嫌になりますね。

 あまり考えずに済むように、今日も読書と勉強をできるだけ頑張りたいと思います。フラッシュバックに邪魔されそうですけどね。

おさけ

たくさん(?)お酒飲みました。

飲んだら暗くなるタイプなので色々フラッシュバックがきつかった。

そういうときはツイッターでグチグチしてます。

 

今日はお勉強と読書頑張ります。

ばかあほくそまぬけ

人生はつらいことがあまりにも多すぎるのでブログ始めようと思いました。

できるだけゲームのこととか楽しいこと書きたいです。

 

よろしくおねがいしまーす!